土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、所有者に代理して不動産の表示に関する登記手続を行うことを業務とします。また関連業務として、この登記手続に必要な不動産の調査や測量を行います。

表示に関する登記とは

法務局に保管されている不動産登記記録(登記簿)のうち、表題部中に記載される登記のことをいいます。不動産登記記録には土地と建物の2つに区別されます。

業務内容

土地家屋調査士は、土地表題登記、土地地積更正登記、土地地目変更登記、土地分筆登記、土地合筆登記、建物表題登記、建物表示変更登記、建物滅失登記、区分建物表題登記などの登記申請や土地の測量、境界確認などの業務を行います。また、境界に関する専門家であり、法務局で行っている筆界特定制度における申請代理や土地家屋調査士会で運営している裁判外紛争解決機関センターでの代理人としての業務も行います。

土地家屋調査士倫理綱領

1.使命

不動産に係る権利の明確化を期し、国民の信頼に応える。

2.公正

品位を保持し、公正な立場で誠実に業務を行う。

3.研鑽

専門分野の知識と技術の向上を図る。